ダイエット・健康

簡単に子供のダイエットができる成長期にピッタリな方法

更新日:

小学生の子供がちょっと肥満気味。
だけど成長期にダイエットで食事制限もさせたくないしトレーニングとかで筋肉ついて背が伸びなかったりしたらかわいそうだし、どうしてあげたらいいんだろう!?

はい、そんな優しい悩みは一切もってもらえずプクプクと少年時代を過ごした管理人、みやっちょです(泣)

とくに女の子だったら心配になりますよね〜、ダイエットさせるべきか否か…

ここでお伝えする【超】のつくほど簡単な子供のダイエット方法は

食事はよく噛んで食べる

これだけです。これなら食事制限も無理にさせる必要はありませんし、
トレーニングで筋肉がついて背が伸びにくくなったりする心配もありません。

でも、なんでそんなことでダイエットになるの!?どのくらい噛めばいいの?
というところを解説していきますね。
子供だけでなく、お母さんもお父さんもぜひ試してみてほしいダイエット方法です。

スポンサーリンク

なぜ「よく噛む」だけでいいの?

子供の場合ですが、大人とちがって登下校や体育の授業もありますし、基本的に運動不足ということはそんなに無いと思うんです。

じゃあ、なぜ太ってしまうのか?肥満がなおらないのか?というと、考えられる原因は

  • 食事量が多すぎる
  • 排泄が上手にできていない
  • その他、ストレスによる肥満

このあたりではないでしょうか。
病気、というほどのものではありませんが、少々心配になる状態ですよね。

この3つを効果的に解消してくれるのが、食べ物を「よく噛む」ことによって口の中に出てくる唾液なんです。

唾液には食欲を自分でコントロールしやすくしてくれる成分もありますし、アミラーゼなどの消化酵素が食べ物の消化を助けてくれますし、排泄も上手くできるようにしてくれる力があります。

さらに口臭もおさえてくれますし、ウィルスの体内への侵入を防ぐ力ももっています。

副作用の一切ない天然の万能薬なんです。唾液って。

簡単な子供のためのダイエット方法

頭も良くなるし、小顔効果も!?

上記のようなダイエット効果だけでなく、よく噛むことで脳が刺激されて頭もよく回るようになりますし、顎をよく動かすことになるので顔の輪郭もひきしまって小顔効果も!あるかもしれません(「かも」かいっ!w)

さすがにこういう効果があるのかどうかは統計とか見たことありませんけど、
よく動かせば血行がよくなるのは間違いありませんし、
なにより唾液の中の消化酵素のおかげで体内の水の流れが良くなりますから、むくんだ顔が引き締まるという効果は十分期待していい話だと思いますよ!

では次に、どのくらい噛めばいいのか?どのくらい続ければ効果が出てくるのか?書いていきますね。
個人差もありますが、目安的なものもなければ続けにくいですもんね。

スポンサーリンク

どのくらい噛めばいい?効果がでるまでどのくらい?

噛む回数や、効果が感じられるまでの期間の目安ですが、

ひとくち口に入れたら飲み込むまでに30回は噛みましょう。
もちろん多いにこしたことはありませんから、30〜50回くらいを目標にしてみてください。。
はじめは大変に感じると思いますが、慣れてくると美味しさや食感をしっかり味わうことができるようになってきます。

身体の調子が変わってくるまでの期間としてはおよそヶ月くらい。どんなダイエットや健康法でも身体が変わるまでは100日かかる、というのが定説ですね。

これは3ヶ月で適正体重まで減るという意味ではなく、
適正体重を保とうとする体質ができるまでの期間。と考えてください。

育ち盛りの子供がひとくちに30〜50回噛むというのは難しい子もいると思いますが、何か歌などに合わせてリズムと噛む回数を調整するのも手ですね。

よく噛むのが習慣になってくると、薄味のものを好むようになることも健康的ですし、満腹感をしっかり感じられるようになるので食べる量も減ってくるはずです。

まとめ

簡単にできる子供のダイエット法として「よく噛む」ことの提案とその効果をお伝えしてきました。
もしかしたら、お母さんも一緒に試してみたくなったんじゃないですか?^^

「よく噛む」のメリット

  • 食べる量をコントロールできるようになる(食べ過ぎない)
  • 消化〜排泄が上手にできるようになるのでむくみなも解消
  • ストレスの軽減
  • 食べ物の美味しさがよくわかる
  • 濃くて身体に良くない食べ物は欲しくなくなる
  • アゴを動かすことで脳が刺激され、頭がよくなる
  • 小顔効果も期待できる(かもしれない)

「よく噛む」のデメリット

  • とくにナシ
  • 強いて言うなら、食事に時間がかかる

噛む回数と効果が出るまでの目安

  • ひとくちあたり30回〜50回
  • 体質が変わるまでは3ヶ月(適正体重になるまでの期間ではない)

ぜひお子さんと一緒に試してみてくださいね!

ゆっくり食べるというのは子供にとってはちょっと抵抗があるというか、
ガガーッ!と食べちゃいたくなるものですから、
お母さんも一緒になってリズムをとりながらモグモグしてあげるといいと思います。

食事制限のストレスも無く、筋肉を鍛えすぎて身長の伸びを抑えることもない、成長期の子供にとって最適なダイエット法だと自信を持ってオススメします。

子供のころの自分に教えてあげたい。。。Orz (笑)

関連記事

子育てのハテナ
子育てのハテナ!こんな時どうする?特集

子育てでは色んな「わからないこと」「焦ること」「不安なこと」いっぱい出てきますね。ここではわたし自身の経験から書いた記事の紹介をしています。気になるタイトルがあればぜひ読んでいただきたいと思います。

続きを見る

関連コンテンツ

いちおし記事!

尿の泡 1

尿をした後、よく泡が立ち、しかもなかなか消えない。と気になったらチェックすべき項目を6つのポイントにまとめました。泡が立ったら糖尿病、と言うわけではありません。一過性の場合も多いのでまずはあわてずに観察してみて下さいね。

ガーン 2

なぜかダイエットをはじめると言われるんです、「太った?」って。いやいや、、いまダイエットに励みはじめたとこなんですけど!?(泣)そんな悪気のない正直なひとことでココロを折られた経験はありませんか?なぜそう言われてしまうのか理解しておきましょう。

3

「ほぼほぼ」って使う人をたまに見かけますが、これって正しい日本語なのでしょうか?どういう意味なのでしょうか?使われるとイラッとくる、などという意見も多いこの言葉についてお伝えします。

-ダイエット・健康

Copyright© みやっちょのまめちっぷす , 2017 All Rights Reserved.