ダイエット・健康

秋のダイエット方法を解説!強敵「食欲」の攻略法とは?

更新日:

たいていの人は春から夏に向けてダイエットを始めるのですが、
秋から始めたい!という人も多いですよね。もちろんわたしもやったことあります。

スポーツの秋!なんて言葉もありますし、そもそも夏が終わって涼しくなってくると「動きやすく」なるからなんだと思います。動くと気持ちいい季節ですよね♪

でも実際は秋から始めてもなかなか結果が出ない人の多いこと多いこと…

その理由を知り、大きな要因である「食欲」の攻略し、ダイエットを成功させる方法をお伝えしようと思います。

スポンサーリンク

秋に痩せにくい理由

秋は「スポーツの秋」と言われるように運動したくなる季節でもある一方、
「食欲の秋」で食欲が旺盛になる季節。

実は、スポーツの秋というのはちょっと考え物な言葉なんです。
東洋医学的な考え方では

「秋から冬は運動しないほうがいい」とも言われています。
なぜそうなるかと言うと、秋の身体は冬に備えて溜め込む体勢になるから。

食べ物を脳が欲しがり、ドンドン溜める、
というのが大昔からの自然のリズムなんですね。

秋の食欲

じゃあ、
「それが頭でわかっているなら意識して食べ過ぎを避ければいいやん!?」

そう、それが正解なのですが、いざやるとなると非常に難しい!のが現実です。

もともと「溜め込みモード」ですから、いつもどおりと思ってる量でも太りますし、
なにより

美味しい!

のが困りますよね。。。(苦笑

というわけで、秋の身体はどうなりたがっているのか?がわかったところで
これらの問題を解消してダイエットを成功させる方法を見て行きましょう!

秋のダイエット方法

秋の身体の特徴として見てきたのが

  • 食欲が旺盛になる
  • 食べ物を美味しく感じる=食べ過ぎがちになる
  • 動きやすいけど脂肪は減りにくい

さらに付け足すと

筋肉も骨も下がる気温のせいで夏よりも硬く怪我をしやすいため激しい運動には適さない

このあたりの秋特有の問題を踏まえた上でダイエットで痩せるにはどうすべきか?
食事編と運動編にわけて解説していきますね。

スポンサーリンク

食事編

秋に旺盛になりがちな食欲のコントロールですが、この攻略法は

よく噛むこと

食べ物をよく噛んで食べる目的は「唾液を出すこと」です。
唾液に含まれる消化酵素(アミラーゼ等)が消化を助けるとともに、満腹感を正常に感じさせてくれるので食べ過ぎを防ぐことができます。

その他、気をつけるべきことを並べると「油ものを避ける」「野菜を食べよう」「冷たいものを飲まない食べない」「夜8時以降は食べない」などなどたくさんありますが、あまりガマンの項目が多くなると嫌になるのでほどほどに気をつけていけばいいと思います。

何を食べるときも「よく噛む」だけは忘れずに!
ひとくちあたり30回〜50回くらいを目標にしていきましょう。

運動編

さきほども書いたように、溜める方向に身体は動いているので、基本的には「痩せにくい」という覚悟はしておきましょう。

その上で、秋はどういう運動が効果的なのか?というと

身体を「動ける」状態にしておくこと

ストレッチや柔軟体操を夏よりもしっかり目に行うこと。
ウォーミングアップですね。

秋から冬はストレッチを夏よりもしっかり行おう

冬に近づくにつれて、どんどん温まりにくくなるので、意識的に調整するようにして下さい。

しっかりウォーミングアップしてから有酸素運動や筋力トレーニングを行うことで秋でもしっかりと効果的なダイエットができるはずです。

さいごに

それでは、さいごに秋特有のダイエット方法、まとめておきます。

  • 秋に痩せにくいのは身体が溜め込みモードだから
  • 食欲のコントロールには「よく噛む」が効果的
  • ┗ひとくちあたり30回以上、できれば50回を目標に
  • 油もの・冷たい飲み物、食べ物・夜食を控える
  • 秋から冬へ向かって身体が硬くなる
  • ┗ウォーミングアップを夏よりもシッカリと行う

このあたりに気をつけてエクササイズ等を行っていけば、痩せにくい秋でもしっかりダイエットの効果を出せると思います。

冬の服装の上からでもわかる「引き締まった身体」を目指しましょう!

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

関連記事

関連コンテンツ

-ダイエット・健康

Copyright© みやっちょのまめちっぷす , 2017 All Rights Reserved.