雑学・豆知識が好物の管理人みやっちょが気になった話題・情報を発信しています。

みやっちょのまめちっぷす

相撲の懸賞金は一枚いくら?天引き後に力士に残る金額は…

更新日:

相撲を見ていて一番気持ちの良いシーン。

横綱 白鳳が勝利した後、ドッサリと積み重ねられた懸賞金を行司さんの手からガッヴァー!って感じでかっさらうように取っていく瞬間!

うおおおお!

あれ、いったいいくらくらい入ってるんだろう!

全部で・・・

1000万くらい入ってんのかな!?(鼻息!

とか夢見てたんですけど、調べてみると意外や意外な小さな数字。

  • 懸賞金はスポンサー名の入った旗一本につき6万2000円
  • そこから天引きされて力士の手元に残るのは3万円

なんかちょっと、モニョッとしてしまいますよね。

その天引きの内訳、なんでそんなに持っていかれちゃうの!?

というところを解説していきますね。

スポンサーリンク

天引きの内訳は?

懸賞金から天引きされる金額の内訳を見てみましょう。

それぞれ「旗一本あたり」の数字です。

まず相撲協会が【事務経費】として差し引く金額が

5300円

そして【納税充当金】という名目で税金がかかるのですが、
その金額が

2万6700円
合計3万2000円

これ、旗の枚数分持っていかれる額ですから、
10枚あったとしたら

事務経費で5万3000円

税金で27万6700円……

力士のファンとしてはもうちょっと力士に残してあげてよ…と思ってしまいますね~
事務経費で一割近く取るとか、高すぎない?

相撲

納税充当金って何?

ところでこの6万2000円に対して2万6700円もかかってくる「納税充当金」

いったい何の税金なのか?

検索するとこんな解説ページがありました
納税充当金を簡単に説明してみる

納税充当金とは簿記で言うところの「未払法人税等」に相当するものです。税引後の利益を出すために法人税などをいったん見積り計上し、そのなかから中間申告分を除いたものと言うことになります。

フムフム、わからん(笑)

力士がもらう懸賞金にもこんな税金がかかるって、角界という世界も世知辛い世の中なのですね~。

というわけでそろそろ最後のまとめへいきましょう。

相撲の懸賞金・まとめ

相撲で勝った力士が行司さんから受け取る【懸賞金】と差し引かれる額の内訳は、

  • 旗一本につき企業が支払うのが6万2000円
  • そこから相撲協会が事務経費として取るのが5,300円
  • 納税充当金として差し引かれるのが2万6700円
  • 力士の手元に残る懸賞金は3万円

半分以上がなんだかんだの名目で差し引かれるとはいえ、
横綱級になると1回の取り組みで10枚とか20枚とかありますから、
金額にすると30万とか20枚なら60万円。

過去最高の枚数は2015年の初場所、白鳳vs鶴竜の取り組みが特例でで61本の懸賞が出ました。

※ 通常は50本までという決まり。

61x3万=183万円!

一回の試合での金額ですから、
ひと場所通して計算したらどのくらいになるんだろう。
そして年間でどれくらいになるのかも気になりますね~。

鼻が 夢が膨らみます♪
※もらうのは力士ですw

ちなみに、わたしは好きなんですが、冒頭に出てきた白鳳の懸賞金をガバッと奪うような取り方、賛否あるみたいですね。
関連記事
大相撲の懸賞金の受け取り方-白鵬の奪うような取り方に賛否

この記事のURLとタイトルをコピーする

関連コンテンツ

いちおし記事

1

相撲を見ていて一番気持ちの良いシーン。 横綱 白鳳が勝利した後、ドッサリと積み重ねられた懸賞金を行司さんの手からガッヴァー!って感じでかっさらうように取っていく瞬間! うおおおお! あれ、いったいいく ...

2

「ほぼほぼ」って使う人と嫌う人と極端な言葉ですよね。 わたしも耳にするたびになんだかモヤっ!とするほうなんです。 多くの人が使うようになるとそれは正しい言葉として定着するのかなと思うのですが、現在のと ...

ふいんきで雰囲気と変換できる 3

昔からよく指摘される漢字の読み方ですが 「 雰囲気 」と書いて 「 ふんいき 」なのか「 ふいんき 」なのか… 昔から繰り返されるこの「 ふんいきvsふいんき論争 」について考えてみたいと思います。 ...

-スポーツ・格闘技

Copyright© みやっちょのまめちっぷす , 2017 AllRights Reserved.