暮らし・生活

黄スイセンの花言葉をその由来からハッキリさせてみた

更新日:

黄色いスイセン、黄水仙の花言葉は

「 私のもとへ帰って 」「 愛に応えて 」

でも、スイセンといえば
「 うぬぼれ 」「 自己愛 」「 エゴイズム 」
といった意味合いの花言葉が有名ですね。

どうもスッキリ腑に落ちないスイセンと黄スイセンの花言葉を
その由来と伝わっている物語から紐解いてみましょう。

スポンサーリンク

スイセンとナルキッソス(Narcissus)は違うもの?

まずはスイセン自体の由来と花言葉についてです、
はやく黄スイセンの話しろよ~という方は飛ばしてもいいですが
順に読んでいくとより理解が深まるかと思います

スイセンは
ヒガンバナ科 スイセン属の多年草
英名はナルキッソス(Narcissus)といいます。

これが日本でスイセンと呼ばれている花ですが、
「 水仙 」という名前は中国から伝わったもので

「 水に咲く仙人のように美しい花 」という意味なんです。

スイセンの花言葉「自己愛」の由来

一方「 ナルキッソス 」は
ギリシャ神話の中の物語の1つに登場する美少年の名前。

彼は女性に全く興味がなく
美少年ゆえに多くの女性が彼に思いを寄せるのですが、
その女性たちをことごとくオコトワリしてしまいました。

その女性の1人、アメイニアスは
彼にフラれたことに絶望し、自ら生命を絶ってしまいます。

ナルキッソスは森の妖精(エーコー)にも愛されるのですが
またもや興味のないナルキッソスは
「 つまんね( ゚д゚ ) 」と見限ってしまいます。

ショックを受けた森の妖精エーコーは
自分の姿形(すがたかたち)を失ってしまい、
その声だけが「木霊」として残ったのです。
(音響用語「エコー」の語源)

それを知った女神ネメシスは
ナルキッソスに「 自分しか愛せなくなる 」呪いをかけます。

ある日、喉が渇いたナルキッソスは
水を飲もうと泉の水面に顔を近づけると、
そこに映った自分に強烈に恋い焦がれてしまいました。

自分の姿に見とれたまま水をのむことも忘れ
やせ細り、とうとう死んでしまいます。
(キスしようとして溺れたという説も)

ナルキッソスのいた場所に咲いた美しい花が
現在のスイセン(英名:Narcissus)で、
花言葉として「自己愛」ということになったのです。

スポンサーリンク

黄水仙(キズイセン)は別物!?

じゃあ、黄色い水仙(キズイセン)の
「 私のもとへ帰って 」「 愛に応えて 」って、
なんか関係なくない!?

と思いますよね。

その通り、実はまた別の物語に由来していたんです。

その物語も同じくギリシャ神話の1つで
冥王ハーデスとその妻ペルセポネの出会いにあります。

女神アフロディーテのアイデアにより
息子のエロスに恋の矢を打ち込まれたハーデスは
デメテルの娘ペルセポネに恋してしまいます。

ある日、エンナの谷で花摘みをしていたペルセポネは
アフロディーテの狙い通り
ハーデスによって冥界に連れて行かれてしまうのです。

連れ去られるペルセポネの手から落ちた水仙は
その後黄色く色づく花を咲かせ、黄水仙となったとされています。

自分の娘を連れ去ったのがゼウスとハーデスだと知ったデメテルは
ゼウスに猛抗議をするも
「 冥王ハーデスの妻であれば申し分ないだろう 」とはねつけました。

デメテルは激怒のあまりオリュンポスを去り、
大地に恵みをもたらすという自らの仕事を放り出し、
そのまま姿をかくしてしまいます。

一方、ペルセポネはというと、
ハーデスの妻ということで丁重に扱われてはいたものの、
ハーデスの必死のアプローチに応えることは無かったのです。

この物語から考えると
黄スイセンの花言葉「 私のもとへ帰って 」は
ペルセポネの母デメテルの思い。

「 愛に応えて 」は
ペルセポネに完無視される冥王ハーデスの一方通行な思い。
ということになりそうです。

花言葉だけを見ると
「 別れた恋人とのよりを戻したい気持ち 」
と思ってしまいそうですが、それは少~し違うようですね。

黄スイセンの花言葉 まとめ

  • スイセンとナルキッソスは分けて考えよう
  • スイセンは中国での名称
  • ナルキッソスはギリシャ神話から生まれ
  • 黄スイセンはペルセポネとハーデスの物語から生まれたもの

同じ花なのに全く方向の違う言葉が当てられていても
花言葉辞典などでは単に並べられているだけ。

こうして調べてみると
やっぱりそれぞれに物語があったりして面白いものですね。

おまけの花言葉

余談ですけど、
英会話などを勉強する時に言われることですが、

「 言葉の意味は状況の中に埋め込まれている。 」

それぞれの花言葉に秘められたその情報量、その思いの丈は
単純な1つのコトバではとても表しきれません。

この花の花言葉はこう!と決めつけず、
あなただけの花言葉、
あなたとあなたの恋人にとってだけの花言葉、
というのもあっていいなと思うんです。

そんなことを考えながら
黄スイセンの花言葉とその由来についてまとめてみました。

関連コンテンツ

-暮らし・生活

Copyright© みやっちょのまめちっぷす , 2017 All Rights Reserved.