暮らし・生活

男の爪の手入れはどの程度が良いのか女性に聞いてみた

更新日:

男性でも仕事によっては爪の手入れが気になりますね。
また、よくテレビ番組などで見ますが、
「 あまりピカピカすぎもキモいよね~」なんていう女性のご意見。

いったい男はどの程度の爪の手入れを求められているのか!?

具体的に聞いてきた女性の意見から考えてみましょう。

スポンサーリンク

男の爪の手入れについての女性の意見

テレビ番組でよく見るようなのは全て「 台本ありき 」だと思ってるので、
まったく信用していません(笑)

本当のところはどうなのか、
知り合いの女性に聞いてきた生の声をご覧ください。

男でキレイな長い爪ってちょっといや

あまりにも短い爪も好ましくないようですが、
長い爪もよろしくない、と。

長さ的には「 長すぎず、短すぎず 」ということでしょうか。

長さに関してはどうしようもないような…(汗)

短くても長くてもいいけど汚いのはイヤ

こちらの女性は長さは仕方ない点はご理解いただいているようです。
爪自体の長さに関しては自分で調節できませんからね。。

それよりも爪の先の指との隙間が黒いとか
そういう「 不潔な爪 」はNGということですね。

これはわたし(男)でもそう思います。
爪の先の黒い汚れの落とし方については あとで説明しますね。

爪を噛むのはやめて欲しい

わたしの周りにはいないんですが、
爪を噛む癖というのは
一度ついてしまうとなかなか治せないといいますね。

ギザギザになるから、だけでなく
衛生的にもぜったいに直した方がいいクセです。

こちらもあとで矯正する方法を解説します。
ぜひ最後まで読んでいって下さい。

ツルツルのピカピカはキモい

爪の表面をピッカピカに磨いてるとか
清潔なのはいいんだけど、
ちょっとキモいかな。。というご意見です。

当然、ついた汚れは取っておくべきですし
爪の先の黒い汚れも不潔。
かといってピッカピカはイヤだよ、と。

難しいですね!

男が小指の爪だけ伸ばしてるのはゾッとする

これはわたしも同意見ですね~。
あれは、なにかのおまじない?願掛けみたいな?
仕事で細かい作業に便利、とかもあるかもしれませんね。

ただ、小指の爪だけ、というのは
伸ばしている本人は何か目的があって伸ばしてるんだと思いますが、
女性の多くはもちろん、男性も引いてしまいます。。

今回、女性に聞いてきた
「 男の爪の手入れに関しての声 」はこんなところです。
だいたいの丁度いいラインが見えてきましたね。

次に女性が共通して「 絶対イヤ! 」という
爪の先の黒い汚れの落とし方と
爪を噛むクセの直し方を紹介しておきす。

男の爪の手入れ

爪の先の黒い汚れの落とし方

さて、ここで先ほど出てきた爪の先の黒い汚れ。
これの落とし方を説明しておきますね。

いろいろ意見を聞いてきましたが
ここの汚れを落としておくのはゼッタイ!必要な手入れですから。

まず、この黒い汚れは何か?というと、

いわゆる「 身体の垢 」です。

これ、爪楊枝とかで取ろうとガリガリやっちゃうと
爪と指の間をふさいでいる柔らかい膜を傷つけてしまいます。
(ハイポニキウムといいます)

そこを傷つけてしまわないように
お湯などにつけて汚れをふやかしてから、
爪用のブラシで丁寧に取っていきましょう。(歯ブラシでもOK)

スポンサーリンク

爪を噛むクセを直す方法

爪を噛むクセはゼッタイに直さないといけません。

というのも、
単に爪がギザギザになるからという理由だけではないんです。

いろいろなところに触れる手の爪ですから、
インフルエンザをはじめとして
様々なウィルスの感染ルートにもなりかねません。

どうしても噛んでしまう、という人のために、
スイスで製造されているこんなネイルコートがありました。
噛むとメチャクチャ苦いそうですw
↓ ↓ ↓ ↓

爪のためにも健康のためにも
噛むクセはなんとしても矯正していってくださいね。

男の爪の手入れ:まとめ

男の爪の手入れはどの程度が良いのか、
女性の意見をまとめると

  • 男で長く伸ばしてるのはイヤ
  • ピカピカ・ツヤツヤすぎるのはキモい
  • 爪の先が黒いのはカンベン
  • 爪を噛むクセは直して欲しい

長さ的にはさほど神経質にならず、
先の白い部分が目についたら切る、くらいで良さそうです。

あと、
爪の表面を磨くのも過剰な手入れということですね。

なにより手入れをしっかりして欲しいのが

「 爪の先の黒い汚れ 」を常にキレイにとっておくこと。

「 爪を噛むクセを直す 」 です。

清潔にしていてもあまり褒められることはないですが、不潔だとすごーく嫌がられるのが男の爪。
男は、つらいね!?(;´Д`)

関連記事

爪が割れるのを防ぐには?
爪が割れるのを防ぐには?爪の質を改善する3つの方法

爪が割れるのを防ぐ方法と、爪自体の質を改善して割れにくくする方法を3つ紹介しています。冬は寒いから割れる、というのは少し間違いなんです。根本的な爪質の改善から割れにくい爪を作っていきましょう。普段の爪の切り方も大事なポイントです。

続きを見る


爪が剥がれて泣く子供
子供の爪が剥がれた時に真っ先にすべき処置は消毒!その後は

子供の爪が剥がれた時、真っ先にしなければいけないのは「 消毒 」。その後お医者さんへ行く前にできる処置の仕方を説明しています。本人が一番怖がってるはずなので、落ち着いて対処してあげて下さいね。お子さんの爪がはやく元通りになりますように。

続きを見る

関連コンテンツ

いちおし記事!

尿の泡 1

尿をした後、よく泡が立ち、しかもなかなか消えない。と気になったらチェックすべき項目を6つのポイントにまとめました。泡が立ったら糖尿病、と言うわけではありません。一過性の場合も多いのでまずはあわてずに観察してみて下さいね。

ガーン 2

なぜかダイエットをはじめると言われるんです、「太った?」って。いやいや、、いまダイエットに励みはじめたとこなんですけど!?(泣)そんな悪気のない正直なひとことでココロを折られた経験はありませんか?なぜそう言われてしまうのか理解しておきましょう。

3

「ほぼほぼ」って使う人をたまに見かけますが、これって正しい日本語なのでしょうか?どういう意味なのでしょうか?使われるとイラッとくる、などという意見も多いこの言葉についてお伝えします。

-暮らし・生活

Copyright© みやっちょのまめちっぷす , 2017 All Rights Reserved.