ハロウィンかぼちゃのなぜ?謎の由来に迫ってみた

ハロウィンかぼちゃのなぜ?

ハロウィンといえば「 かぼちゃ 」ですけど、

なぜかぼちゃ?

最近まで日本人にはあまり馴染みの深くないイベントだったので、
単純に「 かわいい~! 」って感じで
何のお祭りなのかもよく知らなかったりしますよね(笑)

そもそもなんでオバケ祭りなんだろう?
ってか、カボチャに何の意味が…?

なんてところをですね、
ちょっと知ってるとドヤ顔できるかもですね!

そもそもハロウィンって何のお祭り?

そもそも
ハロウィンっていったい何のお祭りなんでしょう。

アメリカからきたイメージがありますが、
キリスト教とも関係はなさそう。

ちょっと調べてみると、
ハロウィンの起源は古代ケルト人のお祭りだったんです。
※キリスト教との関係はこちらの記事に詳しく書きました。

もともとは秋の農作物などの収穫を祝う祭りで、
ついでに悪い精霊を追い出そう!
という意味を持ったイベントでした。
※ ケルトでの1年の最期の日に先祖の霊が帰ってくる日など諸説あるようです。

日本でも地方ごとにお祭りがいろいろありますが、
「 本来の意味 」って、なかなか伝わってませんよね~

そういうことを知ってると知ってないでは大違い。
みんながやってるから~ではなく
「なぜやるのか?」を知ると もっと楽しくなると思いますよ^^

で、なぜカボチャ?

さて、本題の「 なぜカボチャなのか? 」について。

ハロウィンで出てくるかぼちゃ
本名(本名!?)は「 ジャック・オ・ランタン 」といいます。

日本語に直訳すると「 ちょうちん男 」

う~・・・ださいですね!(苦笑)

カボチャをくりぬいてランタンにしているのですが、
この「 ジャック 」について面白いお話があるんです。

ハロウィンかぼちゃのなぜ?

ジャックって誰?

ジャック・オ・ランタンの「 ジャック 」

この男はとても頭のいい遊び人で、
悪魔と「 地獄へ落ちなくていい 」という契約を結ぶんです。

ところが、そもそも遊び人ですから
とってもぐ~たらな怠惰な人生を送ってしまい、
死んだ後、天国からも入国を拒否されてしまうんです!

地獄へも行けない、天国へも行けない
もちろん現世にも戻れない。

そんな次元の狭間のような場所で
悪魔にもらった火種を
近くにあったカブをくりぬいて作ったランタンに入れて
大事に持って彷徨う(さまよう)ことになるのです。

カブ が かぼちゃになった理由は?

そんなこんなで彼(ジャック)が持っていたランタン。
当時、ケルトの人たちはカブで作っていたのですが、
このお祭りがアメリカに伝わった時のこと、、

カブよりかぼちゃのほうが良くね?

という軽いノリで かぼちゃになったんですw

まぁ、カブよりかぼちゃのほうが豊富にあるし?
ナイフで穴をあけたりといった工作もしやすいし?
といったことも理由だと思います。

っていうか、
かぼちゃを顔にするってことは…

ジャックとランタン混ざってるやんっ!w∑(゚Д゚)

まぁね?ずっとずっと昔にできたお祭りですし、
遠足のときのバスの前の席からいちばん後ろの席への伝言ゲームでも
あれだけメチャクチャに伝わってしまうわけですし?

紀元前から現代へ、
ヨーロッパからアメリカへ、そして日本へ

そりゃ~マトモに伝わるわけないですって!ねw

スポンサーリンク

オマケのマメチ

ハロウィンでは子どもたちが仮装して
「 トリックオアトリート~! 」
といいながらお菓子をもらいに走り回ります。

「 お菓子をくれなきゃイタズラするぞ~! 」

と訳されていますけど、
じつはちょっとちがうんですよ。

トリックはイタズラでいいんですけど、
「 トリート 」

これはお菓子って意味ではなく、
近い日本語で言うと「 おもてなし 」ってとこ。

まぁ、子供をもてなす、ってことは
おやつとかジュースをあげる
ということになりますし、これでいいのかな。

というわけで!

ハロウィンは「 お菓子をもらう日 」ではなく

秋の収穫に感謝するお祭りってことですね!

なので お菓子いっぱいもらっちゃいましょう♪(≧∇≦)/
(どっちやねん!w)

関連記事


クリスマス=ハロウィン
クリスマス=ハロウィンってどういう意味?関係あるの?

友人にとつぜん出されたナゾナゾ「クリスマス=ハロウィン」の関係、いったいどういう意味?まったく関係ないはずの2つの言葉になかなか面白い共通点が隠されていたのでした!パーティの話のネタにどうぞ。

RelatedPosts+ad

\この記事はお役に立ちましたか?/

お気に召しましたらGood評価・シェア・コメント等いただけると励みになります!

-年中行事・イベント

© 2014 mamechips.com